レンドルミンの副作用

 

 

レンドルミンの副作用怖いときはこの休息ドリンクで!

 

 

レンドルミンを使った方が良いのだろうか、でも、副作用が心配ではありませんか。
精神安定剤といわれる薬は、脳の神経を静める働きがあるので、眠れない人への即効性が期待出来ます。
けれども、めまいを感じたり、昼間のだるさやふらつきを感じる人がいるのも事実です。

 

「寝付きが悪くて困っている。」
「ぐっすり眠って、体力を回復させたい。」

 

こんな風に思っているなら、安眠できるドリンクサプリ、「マインドガード」がおすすめですね。
体や心の不調が起きているときは、過度なストレスで参っている状態です。

 

ストレスは体の正常な働きを妨害して、本来ならいつもの食事でたりているトリプトファンやグリシンといった休息に必要な栄養素を吸収しにくい環境を作ってしまいます。

 

なかなか、ストレスの影響から抜け出せなくなるのも、タダでさえ必要な栄養素が壊れやすく吸収されにくくなっているのに、食欲まで落ちて十分な必須アミノ酸を摂取出来なくなっていることにも原因がありそうです。

 

そんな状況で、薬にたよって眠る毎日を続けているのもツラいものです。
出来れば、依存性の心配が起きる前に薬は卒業して、ストレスに負けない毎日をハツラツと過ごしたいものです。

 

心の青汁というキャッチフレーズの通り、「マインドガード」は、添付のキャップ1杯を毎日飲むことで、休息ホルモンや脳内物質がスムーズに分泌される環境を整えてくれるんです。

 

トリプトファンやグリシン、セロトニンという名前は、安息に欠かせない成分として有名ですね。
「マインドガード」はこうした物質をスムーズに分泌させるために必要な、必須アミノ酸をはじめとした栄養素に注目して開発されたドリンク型のサプリメントです。

 

ストレスによる活性酸素から身を守る優秀なポリフェノールの一種である、レスベラトロールや、グリシンを超える安息成分として注目のクワンソウ、安眠に効果が期待される注目物質のモリンダ・シトリフォリアをはじめとした、j休息に導く153もの豊富な栄養素が詰まっています。

 

 

 

レンドルミンを飲むよりも、ハーブのノニの方が健康的です↓

 

マインドガード

 

 

うつ病不眠症で眠れない時に飲むおすすめの睡眠ドリンクはここから